医師紹介

医師の紹介

医師の紹介

院長 杉本 周路 院長(医学博士) 杉本 周路

院長(医学博士) 杉本 周路

院長 杉本 周路

患者様ひとりひとりと向き合って心を込めた診察をいたします。

恥ずかしくて病院に行けない・・・という方もいらっしゃるかと思いますが、早期治療で健康な体を一緒に取り戻しましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

経歴

平成5年3月
日本大学医学部卒業
平成5年~
日本大学医学部泌尿器科学教室助手
平成7年~
川口市立医療センター泌尿器科
平成8年~
銚子市立総合病院泌尿器科
平成9年~
埼玉県立小児医療センター泌尿器科
平成10年~
日本大学医学部泌尿器科助手
平成14年~
ドイツ連邦共和国キール大学医学部泌尿器科研究員
平成16年~
日本大学医学部助教
平成18年~
日本大学医学部付属板橋病院泌尿器科病棟医長
平成21年~
駿河台日本大学病院泌尿器科病棟医長
平成22年~
川越三井病院泌尿器科部長(日本大学医学部兼任講師)

業績

  • 原著

    • 1. 滝本至得,山本忠男,川田 望,平方 仁,杉本周路,五十嵐 匠,田原亮一,布施卓郎 : 心因性インポテンスに対する漢方剤単剤投与の効果についてImpotence 9(3),269-274,1994.12
    • 2. 滝本至得,山本忠男,川田 望,平方 仁,杉本周路,嶺井定嗣,児玉雅仁,布施卓郎 : 最近の四年間における機能性(心因性)インポテンスの治療成績 Impotence 10(2),66-67,1995.9
    • 3. 杉本周路,千野健志,山中弥太郎,平方 仁,川田 望,平野大作,滝本至得,布施卓郎,田原亮一 : 人間ドックで発見された腎細胞癌の臨床的検討 健康医学 10(2),45-47,1995.12
    • 4. 川田 望、滝本至得、平野大作、山本忠男、平方 仁、山中弥太郎、岡田安弘、千野健志、杉本周路、五十嵐 匠 : 腎細胞癌の腫瘍内浸潤リンパ球に及ぼす遺伝子組み替えインタ-フェロンγの影響 -臨床病期との関連性について、 泌尿紀要 42(1),1-4,1996.1
    • 5. 多田 実,五十嵐 匠,杉本周路,村松康男,赤司俊二,児玉雅仁,平方 仁,川田 望,滝本至得 : 小児尿路結石症45例の臨床的検討 日本小児泌尿器科学会雑誌 6(2),16-24,1998,2
    • 6. 平方 仁、佐藤広高、森田恒太郎、持田淳一、杉本周路、児玉雅仁、川田 望、滝本至得 : 器質性インポテンス患者に対する臨床的検討、Impotence 13(2),95-96,1998,7
    • 7. 佐藤安男、藤村敬、嶺井定嗣、浜野公成、五十嵐匠、柚木隆寛、山崎利彦、杉本周路、林志隆、平野大作、山本忠男、賀屋仁、吉田利夫、石田肇、岡田清己 :日大練馬光が丘病院開設以来5年9ヶ月の泌尿器科臨床統計 日大医学雑誌 58(3)、186-190、1999, 3
    • 8. 滝本至得、児玉雅仁、杉本周路、濱田隆正、布施卓郎、川田 望、平方 仁、細川広巳 : 糖尿病患者における頻尿症状に対する5HT2アンタゴニストの効果 ー(予報)ー 日本泌尿器科学会雑誌 90(8),731-740,1999,8
    • 9. 川田 望、森田恒太郎、矢ヶ崎宏紀、杉本周路、平方 仁、滝本至得 : 腫瘍内浸潤リンパ球は遠隔成績に影響するか 腎癌研究会会報 17,16-17,1999,9
    • 10. 滝本至得、平方 仁、川田 望、杉本周路、矢ヶ崎宏紀、仲野谷祐嗣 :機能性(心因性)勃起障害に対する薬物治療の総括-バイアグラ使用前の治療- Impotence 14(2),146-147,1999,9
    • 11. 平方 仁、滝本至得、川田 望、杉本周路、藤村 敬、矢ヶ崎宏紀、佐藤克彦 : クエン酸シルデナフィル(バイアグラR )の臨床効果 (全国調査集計) 日本性機能学会雑誌 15(1)、25-29、2000、6
    • 12. 松井 強、小林堅一郎、多田 実、滝本至得、蜂矢隆彦、平方 仁、杉本周路、藤村 敬、矢ヶ崎宏紀、佐藤克彦 : 原発性膀胱尿管逆流症における腎機能予後因子の検討ー尿中α1、β2-MGの有用性の検討   日大医誌 59(9)、381-385、2000、9
    • 13. 滝本至得、児玉雅仁、杉本周路 : 糖尿病性排尿障害の治療  排尿障害プラクテイス 8(3)、43-48、2000、9
    • 14. 滝本至得、平方 仁、杉本周路、五十嵐 匠、矢ヶ崎宏紀、佐藤克彦、布施卓郎、田原亮一 : 射精障害の臨床的検討 - 膣内射精障害を中心に 日本性機能学会雑誌 15(2)、171-172、2000、9
    • 15. NOZOMU KAWATA, HITOSHI HIRAKATA, FUMIKAZU YUGE, MASAHITO KODAMA, SHUJI SUGIMOTO, HIROKI YAGASAKI, JUNICHI MOCHIDA, KEI FUJIMURA and YUKIE TAKIMOTO : Cytoreductive surgery with liver-involved renal cell carcinoma Int.J.Urol. 7(10),382-385,2000,10
    • 16. Nozomu KAWATA, Hiroki YAGASAKI, Fumikazu YUGE, Yuji NAKANOYA, Kei FUJIMURA, Shuji SUGIMOTO, Hitoshi HIRAKATA and Yukie TAKIMOTO :Histopathologic analysis of angiogenic factors in localized renal cell carcinoma ; The influence of neoadjuvant treatment Int. J. Urol. 8(6), 275-281, 2001
    • 17. Shuji SUGIMOTO, Yukie TAKIMOTO, Masahito KODAMA, Kumiko ISHIGE and Yoshihisa ITO : Characteristics of 5-HT2A receptors in the bladder smooth muscle of diabetic rats The Nihon University Journal of Medicine 43(3), 141-152, 2001
    • 18. 滝本至得、平方 仁、長根裕介、五十嵐 匠、杉本周路、川田 望 : 心因性EDに対する漢方薬治療と適応  日本性機能学会雑誌  16(1)、  25-31、2001
    • 19. 滝本至得、平方 仁、長根裕介、佐藤克彦、矢ヶ崎宏紀、五十嵐 匠、杉本周路、川田 望 : 老年ED患者の受診動向分析 日本性機能学会雑誌 16(2)、161-162、2001
    • 20. 杉本周路、五十嵐 匠、長根裕介、佐藤克彦、矢ヶ崎宏紀、平方 仁、川田  望、滝本至得 : 精巣胚細胞腫瘍63例の臨床的検討   日大医誌 60(10)、442-445、2001
    • 21. 杉本周路、滝本至得、佐藤克彦、五十嵐 匠、吉田利夫、Seif,C.※, Braun,P.※, Juenemann,P.※(※:Kiel大学泌尿器科) : パ-キンソン病の排尿障害に対する脳深部刺激の効果  日本排尿機能学会雑誌(NBS)   14(1)、182、 2003、9月
    • 22. Braun PM, Fernandez MIA, Martinez Portillo FJ, Seif C, Crespo AS, Sugimoto S, Montoto EDD, Alkan P, Junemann KP : Neuromodulation cronica sacra bilateral con una tecnica de implantacion minimamente invasive en pacientes cos alteraciones funcionales de la vejiga Arch. Esp. Urol., 56(5), 497-501, 2003
    • 23. Bannowsky A, Seif C, Sugimoto S, Bohler G, van der Horst C, Bross S, Alken P, Junemann KP, Braun PM : Sacral neuromodulation (Article inGerman) Urologe A. 42(10), 1357-1365, 2003, 10
    • 24. Sugimoto S, Maass N, Takimoto Y, Sato K, Minei S, Zhang M, Hoshikawa Y, Juenemann K P, Jonat W, Nagasaki K ; Expression and regulation of tumor suppressor gene maspin in human bladder cancer Cancer Lett. 203(2),209-215,2004, 1月
    • 25. 杉本周路、滝本至得:下部尿路機能障害における仙骨神経刺激 (Sacral nerve stimulation, SNS)の効果 泌尿器外科 18(1)、7-10、2005
    • 26. Daisaku Hirano, Toyoharu Jike, Yasuhiro Okada, Sadatsugu Minei, Shuji Sugimoto, Kenya Yamaguchi, Tetsuo Yoshikawa, Takahiko Hachiya, Toshio Yoshida, Yukie Takimoto: Immunohistochemical and ultrastructural features of neuroendocrine differentiated carcinomas of the prostate: an immunoelectron microscopic study Ultrastructural Pathology 29, 367-375, 2005
    • 27. 平野大作、滝本至得、佐藤克彦、持田淳一、杉本周路、山口健哉、吉川哲夫、平方仁、川田望、吉田利夫、高橋悟 : 勃起機能不全患者に対する補中益気湯の効果-血中テストステロン値に及ぼす影響-  日本性機能学会雑誌 21(3) 249-254, 2006年12月
    • 28. 大日方大亮, 長谷川了, 井門祐一郎, 吉澤剛, 武信康弘, 咲間隆裕, 松井強, 佐藤克彦, 持田淳一, 杉本周路, 一瀬岳人, 平野大作, 吉田利夫, 高橋悟: 骨盤臓器脱に対するTransvaginal Mesh(TVM)の効果 術前後のQOLを含めて 日本女性骨盤底医学会誌5(1) 110-111, 2008年12月
    • 29. 大日方大亮, 武信康弘, 咲間隆裕, 杉本周路, 山口健哉, 平野大作, 吉田利夫, 高橋悟:後腹膜腫瘍に類似した腹部大動脈瘤Chronic contained ruptureの1例(CHRONIC CONTAINED RUPTURE OF AN ABDOMINAL AORTIC ANEURYSM MIMICKING A RETROPERITONEAL TUMOR)(英語)泌尿器科紀要53(6) 397-399, 2007年6月
  • 症例報告

    • 1. 杉本周路、逸見一之、黄旭元、斎藤忠則、石田肇、岡田清己 :成人Wilms腫瘍の一例  日大医学雑誌 54(3) 197-202, 1995, 3
    • 2. 滝本至得,杉本周路,嶺井定嗣,平方 仁,川田 望,山本忠男:高プロラクチン血症を伴った射精障害の一例 Impotence 10(1),7-10,1995,6
    • 3. 杉本周路、五十嵐 匠、多田 実、新井律夫、滝本至得 : 真性半陰陽の2例 ー小児腹腔鏡下手術の有用性についてー 日本泌尿器科学会雑誌 89(12),971-974,1998,12
    • 4. 杉本周路、多田 実、新井律夫、甲田直也、滝本至得 : 偶然発見されたXX男性  臨床泌尿器科 53(2),158-161,1999,2
    • 5. 濱田隆正、持田淳一、森田恒太郎、杉本周路、平方 仁、川田 望、滝本至得 : 上部尿路上皮内癌にBCG注入療法を施行した2例    泌尿器外科13(1)、39-42、2000、1
    • 6. 杉本周路、多田 実、賀屋 仁、滝本至得 : MRIにて偶然発見されたHutch憩室 臨床泌尿器科 54(11)、885-887、2000、9
    • 7. 佐藤克彦、藤村 敬、杉本周路、平方 仁、吉田利夫、滝本至得 : 陰嚢内脂肪肉腫の1例  泌尿器外科 14(5)、583-586、2001、5
    • 8. 五十嵐 匠、杉本周路、平方 仁、川田 望、滝本至得、小川真広 :術前診断に造影超音波検査が有用であった前立腺膿瘍の1例  臨床泌尿器科 56(3)、245-247、2002、3
    • 9. 滝本至得、平方 仁、咲間隆裕、五十嵐智博、矢ヶ崎宏紀、五十嵐 匠、杉本周路、川田 望 : 勃起障害、排尿障害を伴ったSLEの一例   日本性機能学会雑誌 17(1)、23-26、2002、6
    • 10. 咲間隆裕、佐藤広高、杉本周路、山口健哉、蜂矢隆彦、川田 望、岡田清己、滝本至得 : 嫌色素細胞性腎癌の4例    泌尿器外科 16(3)、241-244、2003、3月
    • 11. Bannowsky A, van der Horst C, Antonio Sotelino J, Sugimoto S, Wefer B, Junemann KP : Mesonephroid adenocarcinoma of the bladder: a rare tumor in urology J Urol 170, 2381-2382, 2003,12
    • 12. 五十嵐智博、咲間隆裕、矢ヶ崎宏紀、五十嵐 匠、杉本周路、平方 仁、川田 望、滝本至得 : マイクロ波組織凝固が腎腫瘍核出術に有用であったVon Hippel Lindau病の1例 泌尿器科紀要 50(2)、91-93、2004、2月
    • 13. 長谷川了(日本大学 医学部), 小島敏雄, 杉本周路, 五十嵐智博, 佐藤克彦, 森田恒太郎, 五十嵐洋, 嶺井定嗣, 吉田利夫, 滝本至得尿管切石術後に発生した縫合糸による尿管異物結石の1例 日大医学雑誌、63(6)、270-273、2004、6月
  • 総説

    • 1. 多田実、杉本周路 :腎盂腎炎関連疾患 腎と透析 44(3)、355-358、1998、3月
    • 2. 多田実、杉本周路:Hinman syndrome 診断と治療 86/suppl. 565、1998年
    • 3. 多田実、杉本周路:layzy bladder syndrome 診断と治療 86/suppl. 570、1998年
    • 4. 多田実、杉本周路:megacystis megaureter syndrome 診断と治療 86/suppl. 575、1998年
    • 5. 多田実、杉本周路、大橋博文:Ochoa syndrome 診断と治療 86/suppl. 579、1998年
    • 6. 杉本周路、滝本至得 :陰嚢水腫「よくある病気の診かた-他科からの助言- 小児科臨床 54(12)、268-269、2001、12月
    • 7. 杉本周路、滝本至得 :遺尿・夜尿「よくある病気の診かた-他科からの助言 小児科臨床 54(12)、270-271、2001、12月
    • 8. 滝本至得, 児玉雅仁, 杉本周路, 吉田利夫: 頻尿・尿失禁の病態に応じた診断と治療の実際】 関連する疾患 糖尿病性神経因性膀胱 Progress in Medicine 23(8)、2095-2098 2003年8月
    • 9. 杉本周路 :Ⅵ. 排尿機能 仙骨神経刺激療法 ペインクリニック 26 (別冊秋号)455-460、2005、9月
    • 10. 杉本周路 :パーキンソン病の排尿障害に対する脳深部刺激法の効果 日大医誌 63 (2,3)、99-100、2004
    • 11. 多田実、小林堅一郎、杉本周路、山口健哉、吉田利夫、滝本至得 :泌尿器科領域-神経因性膀胱における管理と手術 小児外科 37(12) 1469-1474, 2005, 12月
    • 12. 杉本周路、高橋悟 :特集Neuromodulationの最近の進歩 難治性尿失禁における仙骨神経刺激法 –Sacral nerve stimulation; SNS- 排尿障害プラクティス14(1), 18-22, 2006,1月
    • 13. 杉本周路 :夜尿症(遺尿症) 臨泌67(4)、141-142 2013年4月
    • 14. 杉本周路 :神経性頻尿 臨泌67(4)、143-144 2013年4月
  • シンポジウム

    • 1. 杉本周路、佐藤克彦、五十嵐匠、吉田利夫、滝本至得 : シンポジウム1 「排尿障害に対する電気刺激療法、磁気刺激療法」 仙骨神経刺激(Sacral nerve stimulation, SNS)第11回日本排尿機能学会、東京 大手町 2004年10月14日
  • 国際学会

    • 1. K.Sato, Y.Takimoto, M.Kodama, S.Sugimoto F The relevance of nerve growth factor on the bladder of a rat with diabetes mellitus induced by streptozotocin , 31st annual meeting of International Continence Society, Seoul, Korea, 2001.9.19 (9.18-21)
    • 2. Hiroki Yagasaki, Nozomu Kawata, Takumi Igarashi, Shuji Sugimoto, Hitoshi Hirakata, Yoko Nakanishi, Makoto Sano, Norimichi Nemoto, Yukie Takimoto ; Expression of V E G F isoforms mRNA in human renal cell carcinoma using Laser assisted microdissection technique ,     Sixth Joint Meeting of The Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry and The Histochemical Society , Seattle, Washington  2002,7.20(18-20)
    • 3. Sugimoto S, Takimoto Y, Sato K, Kodama M ; Role of 5-HT2A receptors in the bladder smooth muscle of diabetic rats , 32nd annual meeting of International Continence Society , Heiderberg, Germany, 2002, 8.28 (28-30)
    • 4. Igarashi T, Takimoto Y, Sato K, Sugimoto S, Kodama M, Ono M, Hirakata H, Kawata N and Yoshida T ; Evaluation of bladder function in the awake rat associated with streptozotocin-induced diabetes   33rd annual meeting of International Continence Society, Firenze, Italy, 2003,10.9(5-9)
    • 5. Sato K, Takimoto Y, Igarashi T, Sugimoto S, Yoshida T, Kodama M and Ono M ; The role of nerve growth factor for the changes of voiding function in the urinary bladder of the rat associated with streptozotocin-induced diabetes   33rd annual meeting of International Continence Society, Firenze, Italy, 2003,10.9(5-9)
    • 6. Igarashi T, Takimoto Y, Satou K, Sugimoto S, Ono M, Hirakata H, Kawata N, Yoshida T, Wada Y, Kokubun S, Suzuki H, Yamada M : EFFECTS OF CYCLOHEXENONE LONG-CHAIN ALCPHPL ON BLADDER FUNCTION IN EXPERIMENTAL DIABETIC RATS , 34th Annual meeting of I C S, Paris,France,2004.8.25(23-27)
    • 7. Sato K, Takimoto Y, Igarashi T, Sugimoto S, Kodama M, Wada Y, Kokubun S, Yosida T : LONG TERM INVESTIGATION OF MICTURITIONAL PATTERNS AND TISSUE CONTENT OF NERVE GROWTH FACTOR IN THE URINARY BLADDER OF STREPTOZOTOCIN-INDUCED DIABETIC RATS 34th Annual meeting of I C S, Paris, France 2004.8.26(23-27)
    • 8. Satou H, Minei S, Sugimoto S, Hachiya T, Yoshida T, Takimoto Y : Fluorescence in situ hybridization (F I S H) analysis of C-myc amplification and loss of P53 in stage T3N0M0 prostate cancer in Japanese patients 27th Congress of the Societe International dÕUrologie Hawaii, U S A, 2004.10.4
    • 9. Sakuma T, Matsumoto T, Sato K, Igarashi T, Sugimoto S, Kano K, Fukuda N, Yoshida T, Takimoto Y, Mugishima H : Dedifferentited fat (DFAT) cells can differentiate in to bladder smooth muscle cells in vitro and in vivo 35th annual meeting of I C S, Montreal, Canada, 2005.8.31(8.28-9.2)
    • 10. Yoshizawa T, Igarashi T, Sato K, Sugimoto S, Yoshida T, Takahashi S, Takimoto Y, Suzuki H, Yamada M : THE EFFECTS OF A CYCLOHEXENON DERIVATIVE(M M-101)ON THE VESICAL FUNCTION OF RATS WITH EXPERIMENTAL CHRONIC DIABETES 36th Annual Meeting of I C S, Christchurch, New Zealand, 2006. 11.27 (11.27-12.1)
    • 11. Obinata D, Tekenobu Y, Sakuma T, Matsui T, Sato K, Mochida J, Sugimoto S, Yamaguchi K, Hirano D, Yoshida T, Takahashi S: EFFICACIES OF TRANSVAGINAL MESH (TVM) RECONSTRUCTION ACCOMPANIED WITH TVT/TOT URETHRAL SLING FOR THE TREATMENT OF PELVIC ORGAN PROLAPSE CONCURRENT WITH STRESS URINARY INCONTINENCE 37th Annual Meeting of I C S, Rotterdam, Netherlands, 2007. 8.22

所属学会

日本泌尿器科学会 日本排尿機能学会 日本性機能学会 日本小児泌尿器科学会

日本小児外科学会 日本泌尿器科内視鏡学会 国際尿禁制学会

認定医

日本泌尿器科学会専門医・指導医 日本性機能学会専門医 日本小児泌尿器科学会認定医

賞罰

平成15年9月13日 第10回日本排尿機能学会賞

埼玉新聞に掲載されました(平成25年2月27日)

埼玉新聞

副院長 山中 弥太郎 副院長(医学博士) 山中 弥太郎

副院長(医学博士) 山中 弥太郎

副院長 山中 弥太郎

「あれ、おかしいな?」と思う症状がありましたら、お気軽にご相談ください。
患者様の不安を解消し、心も体も元気になるような診察を心がけています。
これまで大学病院で培った知識・経験・技術を最大限生かして、患者様のお役に立ちたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

経歴

平成4年3月
日本大学医学部卒業
平成4年~
日本大学医学部泌尿器科学教室助手
平成6年~
川口市立医療センター泌尿器科
平成8年~
日本大学医学部附属板橋病院泌尿器科
平成10年~
川口市立医療センター泌尿器科
平成13年~
東十条病院泌尿器科医長
平成17年~
日本大学医学部付属練馬光が丘病院泌尿器科医長
平成20年~
日本大学医学部付属練馬光が丘病院総医局長
平成22年~
日本大学医学部附属板橋病院泌尿器科外来医長
平成26年~
日本大学医学部泌尿器科診療准教授

業績

  • 原著論文

    • 1. 滝本至得, 児玉雅仁, 山中弥太郎, 川田 望, 平野大作, 布施卓郎, 田原亮一, 安岡昇二: 内分泌性インポテンスの治療経験. IMPOTENCE 8(1): 25-30, 1993.
    • 2. 遠藤真琴, 山中弥太郎, 一瀬岳人, 吉田利夫, 野垣譲二. 岡田清己: MRI画像診断(14)副腎腺腫(Cushing症候群).日大医学雑誌 52(9): 503-506, 1993.
    • 3. 川田 望, 滝本至得, 平方 仁, 布施卓郎, 平野大作, 山中弥太郎: 腎原発性転移性肺腫瘍に対する遺伝子組み換えインターフェロンγの吸入療法の試み(予報).泌尿紀要 40: 773-776, 1994.
    • 4. 多田 実, 滝本至得, 平野大作, 川田 望, 平方 仁, 山中弥太郎, 岡田安弘: 二分脊椎症児の尿路管理(特に乳幼児期からのCICについて). 日本パラプレジア医学会雑誌 7:202-203, 1994.
    • 5. 滝本至得, 山中弥太郎, 千野健志, 平方 仁, 川田 望, 平野大作, 田原亮一, 布施卓郎: 新婚インポテンスの臨床的検討ならびにパートナーの重要な役割. IMPOTENCE 9(1): 7-13, 1994.
    • 6. 平野大作, 岡田安弘, 山中弥太郎, 児玉雅仁, 平方 仁, 川田 望, 布施卓郎, 滝本至得: 偶然発見された腎細胞癌の臨床的検討: 臨床泌尿器科48(6): 407-410, 1994.
    • 7. 多田 実, 滝本至得, 平野大作, 川田 望, 平方 仁, 山中弥太郎: 脊髄髄膜瘤の尿路管理(とくに病変レベルによる尿路合併症と問題点について). 日本パラプレジア医学会雑誌 8:278-279, 1995.
    • 8. 平野大作, 児玉雅仁, 千野健志, 山中弥太郎, 平方 仁, 川田 望, 滝本至得: 腎盂尿路腫瘍の臨床的検討. 泌尿器外科 8: 319-323, 1995.
    • 9. 川田 望, 小野昌哉, 児玉雅仁, 山中弥太郎, 平方 仁, 平野大作, 布施卓郎, 滝本至得: 腎細胞癌における遺伝子組み換インターフェロンγの末梢血リンパ球サブセットにおよぼす影響と投与方法の検討について. 泌尿紀要 41: 21-26, 1995.
    • 10. 杉本周路, 千野健志, 山中弥太郎, 平方 仁, 川田 望, 平野大作, 滝本至得,  布施卓郎, 田原亮一: 人間ドックで発見された腎細胞癌の臨床的検討. 健康医学 10(2): 137-139, 1995.
    • 11. 川田 望, 滝本至得, 平野大作, 山本忠男, 平方 仁, 山中弥太郎, 岡田安弘, 千野健志, 杉本周路, 五十嵐 匠: 腎細胞癌の腫瘍内浸潤リンパ球におよぼす遺伝子組み換えインターフェロンγの影響. 泌尿紀要 42: 1-4, 1996.
    • 12. 平野大作, 蜂矢隆彦, 山中弥太郎, 石田 肇, 岡田清己: 前立腺癌臨床病期Cに対する内分泌療法併用による前立腺全摘除術と内分泌単独療法の治療成績. 泌尿器外科 11 臨増: 347-348, 1998.
    • 13. 石田 肇, 山中弥太郎, 岡田清己: 【順行性恥骨後式根治的前立腺全摘除術 私はこうやっている】 恥骨後式順行性根治的前立腺全摘除術 前立腺の膜系外科解剖の応用. 泌尿器外科 11(4): 431-435, 1998.
    • 14. 石田 肇, 蜂矢隆彦, 山中弥太郎, 他: 【前立腺癌の診断と治療 21世紀に向けて】 手術 真に,手術により根治が期待できる前立腺癌とは? 癌と化学療法25(6): 813-816, 1998.
    • 15. 蜂矢隆彦, 一瀬岳人, 小林堅一郎, 山中弥太郎, 平野大作, 野垣譲二, 石田 肇, 岡田清己: ネオアジュバント療法施行例における前立腺腫瘍体積に関する検討. 泌尿器外科 11(5), 627-634, 1998.
    • 16. 野垣譲二, 山中弥太郎, 千野健志, 岸本裕一, 蜂矢隆彦, 吉田利夫, 斎藤忠則, 石田 肇, 岡田清己, 岡野匡雄: 褐色細胞腫20例の手術成績. 内分泌外科 15(2): 127-132, 1998.
    • 17. 岡田清己, 山中弥太郎, 蜂矢隆彦, 石田 肇: 【前立腺癌の臨床 診断・治療体系の進歩】 序論 前立腺癌の分類と問題点 前立腺癌の臨床病期分類. 日本臨床56(8): 1963-1968, 1998.
    • 18. 蜂矢隆彦, 岡田安弘, 山中弥太郎, 嶺井定嗣, 平野大作, 岡田清己: 臨床病期Stage A2,B0~B2前立腺癌における前立腺全摘除術の意義と問題点. 泌尿器外科12臨増 : 287-289, 1999.
    • 19. 弓削文一, 小林堅一郎, 山中弥太郎, 賀屋 仁, 山崎利彦, 岡田清己: 膀胱尿管逆流成人例の臨床的検討. 埼玉県医学会雑誌 34(2): 267-271, 1999.
    • 20. 山中弥太郎, 石田 肇, 岡田清己, 根本則道: 前立腺上皮細胞におけるサイトケラチンの免疫組織化学的検討. 日本泌尿器科学会雑誌 92(5): 545-553, 2001.
    • 21. Hirano D, Minei S, Kishimoto Y, Yamaguchi K, Hachiya T, Yoshida T, Yoshikawa T, Endoh M, Yamanaka Y, Yamamoto T, Satoh Y, Ishida H, Okada K, Takimoto Y.: Prospective study of estramustine phosphate for hormone refractory prostate cancer patients following androgen deprivation therapy. Urol Int, 75(1):43-9, 2005.
    • 22. 高玉勝彦, 嶺井定嗣, 山中弥太郎, 山口健哉, 林 志隆, 吉川哲夫, 吉田利夫, 滝本至得: 手術手技 ここまできた泌尿器科日帰り手術 茅ヶ崎徳洲会総合病院における日帰り手術センターの利用法. 臨床泌尿器科 59(3): 207-210,2005.
    • 23. 森田恒太郎,北島彰子,山中弥太郎,柚木隆寛,斎藤忠則,川田 望,平野大作,吉田利夫,滝本至得:下大静脈腫瘍塞栓を伴った腎細胞癌.日大医学雑誌, 64:185-187,2005.
    • 24. 咲間隆裕,武信康弘,五十嵐智博,五十嵐 匠,佐藤克彦,持田淳一,岡田安弘,山中弥太郎,山口健哉,賀屋 仁,内山 真,高橋 悟:夜間頻尿を有する女性過活動膀胱患者における睡眠障害,夜間頻尿特異的QOLに対するソリフェナシンの効果.泌尿器外科25(3):353-360,2012.
    • 25. Hirano D, Okada Y, Nagane Y, Satoh K, Mochida J, Yamanaka Y, Hirakata H, Yamaguchi K, Kawata N, Takahashi S, Henmi A.: Intravesical Recurrence after Surgical Management of Urothelial Carcinoma of the Upper Urinary Tract. Urol Int,89:71-77,2012.
    • 26. Sato K, Murata Y, Obinata D, Igarashi T, Mochida J, Okada Y, Yamanaka Y, Yamaguchi K, Hirakata H, Hirano D, Takahashi S.: Sexual function following tension-free vaginal mesh procedure in patients with pelvic organ prolapse-comparisons of before and after surgery and healthy controls. Proceedings from The 14th Biennial Meeting of the Asia-Pacific Society for Sexual Medicine,Kanazawa,May 31-June 2,2013(Pster Session:Lower urinary tract), J Sex Med 2013, 10(3):238, 2013.
    • 27. Hirano D, Hasegawa R, Satoh K, Mochida J, Yamanaka Y, Hirakata H, Yamaguchi K, Sugimoto S, Kawata N, Takahashi S.: Prospective study on the relationship between clinical efficacy of secondary hormone therapy with flutamide and neuroendocrine differentiation in patients with relapsed prostate cancer after first line hormone therapy. Scand J Urol. 2014.
    • 28. Obinata D, Yamaguchi K, Ito A, Murata Y, Ashikari D, Igarashi T, Sato K, Mochida J, Yamanaka Y, Takahashi S.: Lower urinary tract symptoms in female patients with pelvic organ prolapse: efficacy of pelvic floor reconstruction. Int J Urol, 21(3):301-7 2014.
    • 29. 高橋 悟,大日方大亮,佐藤克彦,持田淳一,山中弥太郎,山口健哉:女性骨盤臓器脱症によるQOLへの影響解析と治療指針の作成.女性健康科学研究会誌3(1):43,2014.
  • 症例報告

    • 1. 吉川哲夫, 山中弥太郎, 斎藤忠則, 岡田清己, 鈴木淳一, 布田伸一: 副腎神経節神経腫の1例. 泌尿器外科 7(4): 403-405, 1994.
    • 2. 山中弥太郎, 児玉雅仁, 川田 望, 布施卓郎, 平野大作, 滝本至得, 児浦達朗, 柿沼 寛, 鈴木啓之: 交通事故により生じた外陰部剥皮症の2例.泌尿器外科7(10): 1063-1065,1994.
    • 3. 岡田安弘, 山中弥太郎, 平方 仁, 他: 後腹膜腔に発生した成熟型奇形腫の1例. 泌尿器外科 7(11): 1207-1208, 1994.
    • 4. 山中弥太郎, 濱野公成, 野垣譲二, 斎藤忠則, 石田 肇, 岡田清己: 多房性嚢胞状腎細胞がんの2例. 板橋区医師会雑誌: 131-132, 1997.
    • 5. 千野健志, 山中弥太郎, 多田 実, 新井律夫, 滝本至得: 停留精巣に合併した精索捻転症. 臨床泌尿器科52(1): 47-49, 1998.
    • 6. 嶺井定嗣, 山崎利彦, 山口健哉, 賀屋 仁, 山中弥太郎, 岡田清己: 長期経過観察した腎動静脈瘻に対する塞栓術の1例. 泌尿器外科11(8): 1029-1031, 1998.
    • 7. 千野健志, 山中弥太郎, 平方 仁, 川田 望, 平野大作, 滝本至得: 副腎骨髄脂肪腫の1例. 日大医学雑誌 58(7): 377-382, 1999.
    • 8. 千野健志, 山中弥太郎, 弓削文一, 賀屋 仁, 岡田清己: 画像診断 副腎腫瘍と鑑別が困難であった後腹膜神経鞘腫. 臨床泌尿器科 54(6): 495-498, 2000.
    • 9. 山中弥太郎, 千野健志, 弓削文一, 賀屋 仁, 小林堅一郎, 岡田清己, 北條一宇: 化膿性腎嚢胞の1例. 埼玉県医学会雑誌35(3): 328-331, 2000.
    • 10. 弓削文一, 千野健志, 山中弥太郎, 賀屋 仁, 山崎利彦, 小林堅一郎, 小野昌哉, 山口健哉, 岡田清己: 両側尿管結石症例における治療法の検討. 臨床泌尿器科54(9): 703-706, 2000.
    • 11. 山中弥太郎, 千野健志, 小野昌哉, 弓削文一, 賀屋 仁, 岡田清己: 両側性嚢胞性腎盂尿管炎の1例. 泌尿器外科 14(4): 359-362, 2001.
    • 12. 堀祐太郎,伊藤亜希子,大日方大亮,咲間隆裕,五十嵐智博,佐藤克彦,持田淳一,岡田安弘,山中弥太郎,山口健哉,高橋 悟:浴槽吸水口による陰嚢絞扼の1例.泌尿器外科26(5):865-867,2013.
  • 総説

    • 1. 森田恒太郎,北島彰子,山中弥太郎,柚木隆寛,斎藤忠則,川田 望,平野大作,吉田利夫,滝本至得:下大静脈腫瘍塞栓を伴った腎細胞癌.日大医学雑誌, 64:185-187,2005.
    • 2. 中田瑛浩,久保田洋子,中田浩子,原野和芳,大嶋秀一,山口健哉,山中弥太郎:【臨床に役立つ内分泌疾患診療マニュアル2006】特殊検査 副腎血管造影(選択的副腎動脈造影,副腎静脈造影)と副腎静脈血サンプリング.ホルモンと臨床, 54:340-349,2006.
    • 3. 山中弥太郎,高橋 悟:前立腺癌診断におけるPSAの意義:Ⅱ.臨床:前立腺癌の診断 PSA.前立腺癌(第2版)-基礎・臨床研究のアップデート-.日本臨牀69:233-237,2011.
    • 4. 山中弥太郎,髙田将吾,神田貴祥,齊藤史典,𣘺本周平,伊藤亜希子,大内俊孝,芦苅大作,村田保貴,大日方大亮,咲間隆裕,五十嵐智博,佐藤克彦,持田淳一,岡田安弘,山口健哉,平野大作,高橋 悟:5α還元酵素阻害薬(デュタステリド)内服症例における血清PSA値の変化と前立腺生検.日本がん検診・診断学会誌20(1):84,2012.
    • 5. 山中弥太郎,高橋 悟:夜間頻尿と睡眠障害.いま知りたい睡眠障害 第6回.ねむりと医療vol.5 no.3:156-158.2012.
    • 6. 山中弥太郎,船越大吾,高田将吾,伊藤亜希子,芦苅大作,齊藤史典,村田保貴,大日方大亮,咲間隆裕,松井 強,佐藤克彦,持田淳一,岡田安弘,山口健哉,平野大作,高橋 悟:5α還元酵素阻害薬(デュタステリド)投与症例における血清PSA値の推移と前立腺癌.日本がん検診・診断学会誌21(1):78,2013.
    • 7. 山中弥太郎:第15回日本女性骨盤底医学会.学会好事.Urology Today 20(4):38-39,2013.
    • 8. 山中弥太郎:第10回泌尿器科再建再生研究会.学会好事.Urology Today 20(4):44-45,2013.
    • 9. 佐藤克彦,船越大吾,齊藤史典,髙田将吾,伊藤亜希子,芦苅大作,村田保貴,井門祐一郎,大日方大亮,松井 強,持田淳一,山中弥太郎,山口健哉,高橋 悟:骨盤臓器脱患者の術前,術後5年の性機能.一般演題Ⅳ.東部総会賞応募演題.第24回日本性機能学会東部総会抄録,日本性機能学会雑誌29(1):56,2014.
    • 10. 山口健哉,大日方大亮,松井 強,佐藤克彦,持田淳一,山中弥太郎,高橋 悟:α1ブロッカー,5α還元酵素阻害薬と性機能.シンポジウム2「male LUTS治療とSexuality」.日本性機能学会雑誌29(2),143,2014.
    • 11. 松井 強,髙田将吾,伊藤亜希子,芦苅大作,村田保貴,坂口雅洲,大日方大亮,前林俊也,佐藤克彦,持田淳一,岡田安弘,山中弥太郎,一瀬岳人,山口健哉,高橋 悟:25.前立腺癌密封小線源療法後の性機能障害についてIIEF5, EPICスコアを用いた検討.手術と性機能.日本性機能学会雑誌29(2):199,2014.
    • 12. 山中弥太郎,高橋 悟:前立腺肥大症の薬物療法を再考する.α1遮断薬と5α還元酵素阻害薬併用療法.Prostate Journal 1(2):265-270, 2014.
    • 13. 山中弥太郎,高橋 悟:Know-how 女性の健康に関するベーシック「頻尿・尿失禁」 White 2(2):133-137, 2014.
    • 14. 山口健哉,山中弥太郎,高橋 悟:頻尿に伴う不眠.精神科治療学 29(12): 1563-1566, 2014.
  • 著書

    • 1. 岡田清己, 山中弥太郎, 千野健志, 石田 肇:【前立腺癌の現状と治療 前立腺癌の治療】 前立腺全摘除術の現状. Pharma Medica15巻12号 :31-36,1997.
    • 2. 岡田清己, 山中弥太郎: 「泌尿器科腫瘍学」 前立腺癌. 新図説泌尿器科学講座第3巻.メジカルビュー社, 1999.
    • 3. 山中弥太郎,高橋 悟:第1節[7] 泌尿器科における敗血症治療のアンメットニーズ.第8章 臨床現場の敗血症治療のニーズと研究開発.敗血症の診断/治療の実情と病態・メカニズムをふまえた開発戦略:526-531,(株)技術情報協会,東京,2013.
    • 4. 山中弥太郎,高橋 悟:10 泌尿器系臓器からの痛み.第3章 腰背部・下肢の痛み.Case Library Series 痛みの診療 ベストプラクティス:76-77,メディカルレビュー社,東京,2014.
    • 5. 山中弥太郎,高橋 悟:3膀胱通症候群(painful bladder syndrome).第4章 骨盤・会陰部の痛み.Case Library Series 痛みの診療 ベストプラクティス:84-85,メディカルレビュー社,東京,2014.
    • 6. 山中弥太郎,高橋 悟:尿失禁.泌尿器疾患.Ⅰ.外来のガイドライン診療-診断、管理、治療-.今日の診療のために ガイドライン外来診療2014:373-380,日経メディカル開発,東京,2014.
    • 7. 山中弥太郎,咲間隆裕,高橋 悟:第11節:過活動膀胱.第9章 疾患ごとに求められるデータ取得のポイント.「医薬品/医療機器の承認申請書の上手な書き方・まとめ方~審査に不可欠なデータ・情報の取得の仕方~:429-431,(株)技術情報協会,東京,2014.
    • 8. 山中弥太郎,高橋 悟:器質的疾患のない残尿感と膀胱頚部違和感の治療法.日本医事新報No. 4728: 69-70. 2014.
  • シンポジウム・パネルディスカッション

    • 1 石田 肇, 山中弥太郎, 蜂矢隆彦, 岡田清己: 前立腺全摘除術による前立腺癌の根治:可能なとき必要か必要の時可能か? 第85回日本泌尿器科学会総会, 横浜, 1997.
    • 2 山口健哉,大日方大亮,松井 強,佐藤克彦,持田淳一,山中弥太郎,高橋 悟:α1ブロッカー,5α還元酵素阻害薬と性機能.Male LUTS治療とSexuality.(シンポジウム2)日本性機能学会第25回学術総会,仙台,2014.
    • 3 佐藤克彦,村田保貴,大日方大亮,五十嵐智博,持田淳一,岡田安弘,山中弥太郎,山口健哉,平野大作,高橋 悟::骨盤底機能から見た治療戦略. (パネルディスカッション5)第101回日本泌尿器科学会総会,札幌,2013.
  • 国際学会

    • 1 Hirano D, Hachiya T, Yamanaka Y, Ishida H, Okada K: Beneficial effects of hormonal therapy of radical prostatectomy and hormonal manipulation compared with hormonal monotherapy in clinical stage T3 prostate cancer. 8th International Prostate Cancer Update Meeting, USA, 1998.
    • 2 Yamanaka Y, Ishida H, Nemoto N, Kobayashi K, Yamaguchi K, Hachiya T, Okada K. : Immunohistochemical significance of cytokeratin in the basal cell of the prostate. The fifth joint meeting. The Japan society of histochemistry and cytochemistory and the histochemical society. San Diego, California, USA,1998.
    • 3 Sakuma T, Obinata D, Igarashi T, Sato K, Mochida J, Okada Y, Yamanaka Y, Yamaguchi K,Takahashi S: Tension-Free vaginal mesh improves lower urinary tract function for patients with pelvic organ prolapsed-based on 282 cases in a single institution.Joint Annual Meeting of the International Continence Society(ICS) and International Urogynecological Association(IUGA),Totonto,Canada, 2010.
    • 4 Sato K, Obinata D, Sakuma T, Igarashi T, Mochida J, Okada Y, Yamanaka Y, Yamaguchi K, Takahashi S:Female sexual function after transvaginal mesh(TVM) reconstruntion with stress urinary incontinence. Joint Annual Meeting of the International Continence Society(ICS) and International Urogynecological Association(IUGA),Totonto,Canada, 2010.
    • 5 Hirano D, Nagane Y, Satoh K, Mochida J, Yamanaka Y, Yamaguchi K, Okada Y, Takahashi S.:Conventional laparoscopic adrenalectomy is superior to retroperitoneoscopic adrenalectomy via a single large port for adrenal tumors. 26th Annual EAU congress,Vienna,Austria, 2011.
    • 6 Hirano D, Nagane Y, Okada Y, Satoh K, Yamanaka Y, Yamaguchi K, Takahashi S.:Neoadjuvant LHRH analog plus estramustine phosphate combined with three-dimensional conformal radiontherapy for intermediate-to high-risk prostate cancer:A randomized study. 26th Annual EAU congress,Vienna,Austria , 2011.
    • 7 Yamaguchi K, Hori Y, Ito A, Obinata D, Igarashi T, Sakuma T, Sato K, Mochida J, Okada Y, Yamanaka Y, Takahashi S, Sakura Clinical Study Group.:A multicenter randomized trial of silodosin versus naftopidil for the treatment of benign prostate hyperplasia:Impacts on sexual function. The 21th Annual Meeting of the International Urological Conference of Taiwan. Tainan, 2011.
    • 8 Igarashi T, Ito A, Okawa M, Ashikari D, Obinata D, Sakuma T, Sato K, Mochida J, Okada Y, Yamanaka Y, Yamaguchi K, Takahashi S.:Clinical Efficacies and Impacts on Sexual Function of Alpha-1A/D Selective Blockers in Patients with Benigh Prostatic Hyperplasia.41th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS).Glasgow,UK, 2011.
    • 9 Ito A, Obinata D, Okawa M, Ashikari D, Igarashi T, Sakuma T, Sato K, Mochida J, Okada Y, Yamanaka Y, Yamaguchi K, Takahashi S.:Medium-Term Efficacies of Tension-Free Vaginal Mesh (TVM) on the Lower Urinary Tract Function in 101 Women with Pelvic Organ Prolapse:3-Year Follow-up at Single Institution. 41th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS).Glasgow,UK, 2011.
  • 講演・放送

    • 1. 山中弥太郎:前立腺がん検診の現状-医療連携に向けて-.練馬区医療連携の会.東京,2008.
    • 2. 山中弥太郎:前立腺癌治療における医療連携について.城北地区泌尿器疾患勉強会.東京,2010.
    • 3. 山中弥太郎:前立腺がんの東京都地域連携クリティカルパスについて~前立腺癌検診の現状と当教室のクリティカルパスへの取り組み~.城北前立腺がんワークショップ.東京,2010.
    • 4. 山中弥太郎:日本大学泌尿器科関連施設における前立腺癌のインフォームドコンセントに関するアンケートの集計.第9回NUフォーラム,東京,2011.
    • 5. 山中弥太郎:CRPCに対するドセタキセル 長期投与症例の検討.第3回前立腺癌学術講演会,東京,2011.
    • 6. 伊藤亜希子,堀祐太郎,村田保貴,大日方大亮,咲間隆裕,五十嵐智博,佐藤克彦,持田淳一,岡田安弘,山中弥太郎,山口健哉,高橋 悟:前立腺肥大症患者に対するα1ブロッカー(シロドシン vs ナフトピジル)の治療効果と性機能への影響に関する多施設無作為比較試験.第6回東京ミッドタウンセミナー,東京,2011.
    • 7. 山中弥太郎:症例提示.ケースディスカッション.第6回東京ミッドタウンセミナー,東京,2011.
    • 8. 山中弥太郎:前立腺癌の診断と治療.第19回地域連携がん診療セミナー,日本大学,東京,2012.
    • 9. 山中弥太郎:前立腺癌治療の副作用対策に関するアンケートの集計結果について.第10回NUフォーラム,東京,2012.
    • 10. 山中弥太郎:前立腺癌の現状~診断から治療、医療連携まで~.城北泌尿器疾患講演会,2012.
    • 11. 山中弥太郎:過活動膀胱~尿を我慢できないことがありますか?~.第31回城北ブロック糖尿病教室,東京,2012.
    • 12. 山中弥太郎:膀胱がんに対するBCG維持療法.第四回さくら泌尿器がん研究会,東京,2012.
    • 13. 山中弥太郎:あなたの県は何位?大発見 全国都道府県別健康長寿の秘密!!第3弾:「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」.テレビ朝日,2012.
    • 14. 山中弥太郎:前立腺再生検の適応と現状.第11回NUフォーラム,東京,2013.
    • 15. 山中弥太郎:ドセタキセル投与後に間質性肺炎をきたしたCROCの2例.第5回さくら泌尿器がん研究会,東京,2013.
    • 16. 山中弥太郎:BPH/OAB患者に対するα1遮断薬と抗コリン薬併用投与の臨床的有用性の検討(Addition Study).さくらLUTS Forum,東京,2013.
    • 17. 山中弥太郎:前立腺癌の早期診断とPSA検査.第24回地域連携がん診療セミナー,日本大学,東京,2014.
    • 18. 山中弥太郎:日本大学泌尿器科関連施設における局所前立腺癌の治療の現状.第12回NUフォーラム,東京,2014.
    • 19. 山中弥太郎:LUTSの治療戦略-最近の話題-.杉並泌尿器科医会学術講演会,東京,2014.

所属学会

日本泌尿器科学会 日本小児泌尿器科学会 日本女性骨盤底医学会

日本がん検診・診断学会 日本癌治療学会

認定医

日本泌尿器科学会指導医・専門医 日本医師会認定産業医 日本がん治療認定医機構暫定教育医

非常勤医師 五島 順子

非常勤医師 五島 順子

経歴

日本大学医学部卒業

職歴

日本大学医学部附属板橋病院皮膚科医長

日本大学医学部附属板橋病院皮膚科医局長

所属学会

日本皮膚科学会

専門医

日本皮膚科学会専門医

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

PAGE TOP